チーム方針・理念


<六ッ川サッカークラブ クラブ理念>


クラブを取り巻くすべてに感謝する気持ちを養い、サッカーを通じてスポーツの楽しさを知り、そして揚々と次のステージへ向かう子供たちを育てていく。

理念実行の為の3つの大事なこと
1.Players First
  ・すべての人がサッカーを楽しむ環境を
   整える。

2.フェアプレイ
  ・常にフェアプレイを心がけ、相手を
   欺くようなことはしない。

3.リスペクト
  ・相手チーム、同じチームのメンバー、
   コーチ、保護者、地域の方々、
   グランド、ゴール、ボール、
   サッカーができる環境すべてに
   感謝の気持ちを持って接すること。

以上


<六ッ川サッカークラブ行動指針>

 

六ッ川サッカークラブに所属する者(選手、保護者、コーチ)は、以下の行動指針を理解し、遵守することとする。

 

<行動指針>

1.Players First

 ・暴力や、体罰となる指導を絶対に

  しない、させない

 ・すべての人がサッカーを楽しむ環境を

  整える

 ①試合・ゲームは、メンバー全員が同じ

  プレイ機会を持てるようにゲームプラ

  ンを作って、実施する。

  (チャンスは同じだけ与える)

 ②上手な選手も、そうでない選手も同じ

  ように楽しくプレイできるような工夫を

  する

  勝利至上主義にならない

  (フェアプレイや選手育成を見失う

  傾向になる)

 ③自主自立(自ら考え行動できる)を

  目指す

  「今のプレーは違うだろう!」

  「おい、何やってるんだ!!」

  「いいから外に出せ!」は絶対に

  言ってはいけない(完全否定)

  基本はまず褒め、うまくいかなかった

  ら「何故できなかったんだろう?」

  「こんなやり方もあるよね」と助言し、

  自分で考えさせる

 

2.フェアプレイ

 ・常にフェアプレイを心がけ、相手を

  欺くようなことはしない

 ①審判へのクレームは絶対にしない

 ②ファールをしたら謝る。転倒した子

  がいたら手を差し伸べ起こす

 ③絶対きたないプレイや乱暴なプレイ

  はしない。それでは絶対に上手く

  ならない

 

3.リスペクト

 ・相手チーム、同じチームのメンバー、

  コーチ、保護者、地域の方々、

  グランド、ゴール、ボール、

  サッカーができる環境すべてに感謝

  の気持ちを持って接すること

 ①挨拶を誰にでもしっかりする

 ②クラブ、チームの活動がスムーズに

  いくよう、利己主義にならず、相手を

  思いやり、常にフォアザチーム精神

  で行動する

 

以上